教育・研修

新人教育

入社後、警備業法で定められた教育、基本動作など、警備員としての基本事項と日本空港ビルグループの経営方針である「絶対安全の確立」や「お客さまに満足していただける接客」について学びます。その後、約2カ月間の実習を通じて、羽田空港ターミナルビルの警備に必要な防犯・防災・接客サービスについて修得します。
この間に「上級救命講習」を受講し、AEDの操作など応急手当の知識・技能を身に付けます。

配置教育

 

防災センター業務等の重要な配置に従事する前に、業務に必要となる専門的な知識・技能を修得する教育です。
防災センター業務では、「防災監視操作卓」や「非常放送設備」等の機能および操作方法ならびに緊急事態発生時の対応要領を学びます。

個人・チーム訓練

警備員あるいは警備チームの防犯・防災・空港保安警備等のスキルを向上させるため、毎月実施する項目を定め、年間を通じて定期的に行う訓練です。

防犯訓練 防災訓練 空港保安警備訓練

資格取得

  1. 入社後1年以内に、防災センターで勤務するために必要な「自衛消防技術認定試験」を受験するとともに、「防災センター要員講習」を受講し、条例等で定められた資格を取得します。
  2. 入社2~3年後に、「施設警備業務検定」、「空港保安警備業務検定」など、警備業法で定められた検定資格(国家資格)を取得し、将来のチームリーダーを目指します。